JR旅客6社、2019年度年末年始輸送概況を発表 北陸新幹線は前年並み

2020.01.06

JRグループは1月6日、2019年度年末年始(12月27日~1月5日)の輸送概況を発表しました。

【特急・急行列車輸送量】
JR北海道(4区間) 97%
JR東日本(16区間) 102%
JR東海(9区間) 104%
JR西日本(11区間) 102%
JR四国(3区間) 105%
JR九州(3区間) 102%

合計(46区間) 年末年始期間 前年比102%

長期休暇が取りやすい曜日配列であり、天候にも恵まれたことから、概ね前年を上回る結果となりました。

JR東日本

新幹線・特急列車等の利用者は455.2万人で前年比102%となりました。線区別では台風19号の影響により上越新幹線・北陸新幹線が68.4万人の前年比99%、また総武・成田線(成田エクスプレス)が15.6万人の前年比98%と落ち込んだものの、他の線区の利用者数は軒並み前年並か上回る結果となりました。

JR西日本

山陽新幹線の利用者は193.9万人で前年比103%、北陸新幹線は33万人で横這い。在来線利用者は85.2万人で前年比101%となりました。北陸新幹線の上越妙高~糸魚川間における「かがやき」利用者は前年比9%減の18.2万人、対して「はくたか」は14.8万人で前年比113%となりました。

JR東海

東海道新幹線の利用者は406.9万人で前年比104%、在来線特急が20.5万人の前年比102%、利用者数合計は427.4万人、前年比104%となりました。利用のピークに関しては、下りは新幹線が12月28日(土)、在来線が12月29日(日)。上りは新幹線・在来線ともに1月4日(土)でした。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです