阪神電車 急行を西宮まで延長、1/11 西宮神社十日えびす 輸送で

2020.01.07

阪神電気鉄道は、1月11日夕方~夜間に運転する大阪梅田~甲子園の急行を西宮まで延長運転する。

1月9~11日の西宮神社「十日えびす」にあわせた延長運転サービス。

西宮神社は、全国のえびす神社の総本社として名高い古刹。その最大の祭典「十日えびす」へむけ、1月11日のみ延長運転する。

西宮まで延長運転する急行は、大阪梅田発西宮行き急行6列車と、西宮発大阪梅田行き急行10列車。

西宮行き急行6列車は、大阪梅田1953発 西宮2013着、大阪梅田2005発 西宮2025着、大阪梅田2029発 西宮2049着、大阪梅田2041発 西宮2101着、大阪梅田2053発 西宮2113着、大阪梅田2105発 西宮2125着。

西宮発大阪梅田行き急行10列車は、西宮1859発 大阪梅田1922着、西宮1922発 大阪梅田1946着、西宮1959発 大阪梅田2022着、西宮2011発 大阪梅田2034着、西宮2022発 大阪梅田2046着、西宮2035発 大阪梅田2058着、西宮2046発 大阪梅田2110着、西宮2058発 大阪梅田2122着、西宮2110発 大阪梅田2134着、西宮2123発 大阪梅田2146着。

途中停車駅は、野田・尼崎・武庫川・甲子園・今津。

写真 記事:鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事