山手線 原宿駅の新ホーム、3/21供用開始にむけて仕上げ段階

2020.01.11

東京2020オリンピック・パラリンピックにあわせ、新駅舎と新ホームを建設中の原宿駅。

新しい原宿駅は、線路の西側に広がる明治神宮に近づく格好。2面2線構造のホームのうち、明治神宮側につく臨時ホームを山手線外回り専用ホームにする。

島式ホームとは違い、取り残された感でいっぱいだった臨時ホームは、大変身。白を貴重としたJR東日本らしい新型ホームに生まれ変わった。

この新ホームは、年末年始に一部を開放。明治神宮とホームの境には、簡易式ICタッチパネルが立つ降車専用臨時改札が出現。ピッとやるだけで駅を出ることができた。その手前に案内役の駅員も立ってた。

また、竹下口とつながる地下階段や、新駅舎へといく地上階段も完成し、明治神宮詣で客は、この階段やホームをいちはやく体験。これからホームドアの設置工事が始まる。が、その気配なし。

現在の英国調木造駅舎は、東京2020オリパラ後にいったん解体し、防火地域の基準に適した材料で再現される。

消えていくE231系500番台と、工事中の原宿駅がいっしょに映るシーンも、あとわずか。

写真 文:鉄道チャンネル


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです