南武線「小田栄駅」3/14本設化、運賃設定変更

2020.01.28

小田栄駅本設化イメージ 画像:JR東日本

JR東日本は28日、南武線の「小田栄駅」を3月14日(土)より本設化すると発表しました。

小田栄駅はJR東日本と川崎市の連携により、鉄道の利便性向上や利用拡大を目指す「戦略的新駅」として2016年3月に開業しました。JR東日本横浜支社は小田栄駅を川崎新町駅発着の乗車券類で利用できるようにしていましたが、本設日より川崎新町駅ではなく小田栄駅を有効とする乗車券・定期乗車券が必要となります。

上図を参考に説明すると、これまではA駅から川崎新町駅までの乗車券類を所持していれば、定期券区間内で乗車し小田栄駅で下車することが出来ました。本設日以降に同様の方法で利用すると、川崎新町駅~小田栄駅間の運賃精算が別途必要になります。同区間のIC運賃は136円です。

逆に熱海や鶴見小野、扇町などから小田栄駅へ向かう場合は運賃が下がり、利用しやすくなります。

差額が発生する区間の一例 画像:JR東日本

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです