ちゃんと写真をはじめたい人はここ行かなきゃ! カメラと写真の総合イベント「CP+2020」パシフィコ横浜などで2/27~3/1開催

2020.02.09

「写真はスマホで十分」って人も、「なんか物足りないなー」「ちゃんと写真と向き合ってみたいなー」って思ったことない?

そんな「スマホで十分」な人から、プロフォトグラファーまでを対象にした、巨大イベントが横浜で開催される。

CP+2020。パシフィコ横浜と大さん橋ホールの2会場で、2月27日~3月1日の4日間で開催する。
http://www.cpplus.jp/

ことしのシーピープラスは、写真のある生活を送るすべての人が、カメラと写真の楽しみ方をあらゆる角度で体感できるプログラムに。「鉄道や風景の写真の腕をもっと上げたい!」と思ってる人は、このイベント、マスト。

開催期間中、土日に開催される「Photo Weekend」(フォト・ウィークエンド)は、「カメラよりもテクニックよりも、まず、撮りたいものがある。伝えたいことがある」という、写真+αをキーワードにさまざまなカルチャーを横断。トークショー&作品展示という構成で人気プログラムのひとつ。

<フォトウィークエンド>
http://www.cpplus.jp/photoweekend/

新商品の先行公開や実機展示はもちろん、初心者のためにプロ写真家がていねいに教えてくれるセミナーやイベント、アウトレットや中古機材などの販売コーナーなど、カメラに関するあらゆる情報・ものがいっぱい!

なかでも人気プログラムがフォト・ウィークエンド。具体的なプログラムが発表されたから、ここでチェック。トークショーや講演の申し込みは2月3日から公式サイトで始まったから、「行かなきゃ!」って人は、公式サイトから事前予約も忘れずに。

田中達也 スペシャルトーク&オリジナルミニチュア作品展示

田中達也 スペシャルトークショー&オリジナルミニチュア作品展示では、2日間限定「ここでしか撮れないオリジナルスポーツミニチュア作品」を展示。

3月1日 13:30~14:15、会議センター3Fで開催するスペシャルトークショーでは、「ミニチュアライフのウラ側-Making of Miniature Life-」をテーマに、ミニチュアライフの裏側などについて田中達也が語ってくれるという。定員は400人。参加希望者は、公式サイトから事前登録を。

このほか、モデル・女優として幅広く活躍する田中芽衣による「tanacamera~わたしの写真の原点」や、バックパッカースタイルで30ヵ国以上を旅をし写真を撮る luka の「Voyage2020~終わらない旅」、あの「飛び猫」を撮る写真家 五十嵐健太の「飛び猫トークショーinCP+」、数々の人気アーティストから絶大な信頼を得るライブカメラマン 三吉ツカサの「LOVE MUSIC!LOVE PHOTO!」などにも注目。

また、<女性限定企画>も人気。女性フォトグラファー による女性のための写真館「PhotoWeekend写真館」や、鈴木知子・クキモトノリコ・寺島由里佳・金森玲奈による「PHOTO SCHOOL」、デジタルカメラ持参で参加する「WORKSHOP」、カメラを触ったことのない人も上手く撮れずに悩んでいる人も会場のカメラで体感できる「MINI CAMERA LESSON」なども。

さらに!ことしはオリンピックイヤーということで、あのサッカー界のレジェンド 澤穂希と、オリンピック・パラリンピックの写真を撮り続ける青木紘二(アフロ代表)が登壇し、「アスリートと写真家、それぞれの視点で語るスポーツ」なる対談イベントを、2月29日 13:30~15:00、会議センターで開催。

<スペシャルトークショー>
http://www.cpplus.jp/visitor/?event=015

選手たちの活躍を最前線で撮影してきた写真家と、サッカーW杯やオリンピックで日本中に感動を与えてくれたサッカー界のレジェンド 澤穂希さんがどんなトークを展開するか!? アスリートと写真家、それぞれの目線からオリンピックを、そして目の前に迫ってきた東京2020にむけて、いろいろ語ってくれるという。

―――CP+はことし、カメラ初心者むけに、よりわかりやすく説明してくれる、初心者向け説明員をスタンバイ。各ブースに「初心者向け説明員シール」をつけた説明員がいるから、現地に行って気になることがあったら、説明員にいろいろ聞いてみて。

画:一般社団法人カメラ映像機器工業会
文:鉄道チャンネル


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです