ハッピーセットのおもちゃが「高輪ゲートウェイ駅」のジオラマに生まれ変わる 「STARTUP_STATION in 品川駅」2/17~23開催

2020.02.14

会場イメージ

JR東日本スタートアップ株式会社は2020年2月17日(月)~23日(日)までの7日間にわたり、品川駅構内イベントスペースで「STARTUP_STATION in 品川駅」を開催します。

テーマは「SDGs推進」――「JR東日本スタートアッププログラム2019」で採択したベンチャー企業とともに、「SDGs Tシャツ」を制作したり、「高輪ゲートウェイ駅」のジオラマなどを展示します。

SDGs Tシャツや高輪ゲートウェイ駅のジオラマイメージ

「高輪ゲートウェイ駅」ジオラマの素材となるnanoblockは、株式会社カワダが開発した日本生まれの超ミニサイズのブロック。全国のマクドナルド店舗で回収されたハッピーセットのおもちゃをリサイクルして作られました。

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月の国連サミットで採択された2016年から2030年までの国際目標です。JR東日本もSDGsラッピングトレインを運行するなどして目標達成に協力しています。

【関連記事】
山手線E235系に SDGsデザイン、行先表示に初めて花以外の絵柄
https://tetsudo-ch.com/9815022.html

鉄道チャンネル編集部
画像:JR東日本スタートアップ株式会社


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです