七代目「そうにゃんトレイン」3/9デビュー、記念入場券も発売

2020.02.28

前面イメージ

相模鉄道「七代目そうにゃんトレイン」が間もなくデビューします。運行期間は2020年3月9日(月)~2021年3月下旬まで。

相模鉄道のキャラクター「そうにゃん」をラッピングした「そうにゃんトレイン」は、2014年のデビュー以来毎年デザインを変更して運行しています。気になる七代目のモチーフは「そうにゃん」のLINEスタンプ。

側面イメージ
内装イメージ

五代目から設置している「ゴールドそうにゃんつり革」はそうにゃんの尻尾柄のベルトにオレンジの新デザインに。制服や作業服を着た「そうにゃん柄」の座席シートも設置します。

1両につき2本、運転開始後順次設置
座席位置は六代目そうにゃんトレインと同じ 運転開始後、順次設置

また、七代目デビューを記念した記念入場券のセットも登場します。「D型硬券普通入場券」大人2枚がセットになっており、発売駅ごとに券面のデザインが異なる仕様です。なお入場券には各駅ごとのシリアルナンバーが入ります。

D型硬券入場券大人2枚セット
各駅の券面デザイン

価格は1セット300円(税込)で限定3,500セット発売。入場券の有効期間は2020年3月10日(火)~6月30日(火)までの期間内1回限り。

2020年3月10日(火)~4月14日(火)までのおよそ一ヶ月にわたり、相鉄線の横浜駅、星川駅、西谷駅、二俣川駅、大和駅、海老名駅、いずみ野駅、湘南台駅にて発売するほか、4月25日(土)~5月31日(日)までは二俣川駅構内の「SOTETSU GOODS STORE」でも発売します。ただし駅での販売期間中に限定数に達した場合はこちらでの販売はありません。

七代目そうにゃんトレインデビュー記念入場券セット台紙も

鉄道チャンネル編集部
画像:相模鉄道株式会社


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです