横須賀はディープですよ〜【駅ぶら03】京浜急行90

2020.07.01

まず駅前交差点の東側、若松マーケットに行きます。飲み屋街ですが、まだ週日の午前中。かつてこの辺りは海でした。明治以降、この近隣一帯の埋立を行った高橋勝七氏の屋号が若松屋だったことで若松町と名付けられました。

実は、横須賀【駅ぶら】撮影は2日目なのです。初日は、何度も来ている場所なのでロクに写真も撮らずに次の駅に移動してしまったのです。改めて3月3日のひな祭りの日にブラブラしてます。

諏訪神社にご挨拶します。祀られているのは建御名方命(たけみなかたのみこと)。諏訪湖、諏訪大社の祭神ですね。軍神のほか、農耕神・狩猟神・風の神サマなどとして崇められています。

こんなチケットを自動販売機で売るショップがあるのですね。あまり見たことがありません。

横須賀中央と言えば、まず「中央酒場」です。朝10時からやってます。「ホッピーは三杯まで」とおばちゃんに言われますが。大ジョッキにたっぷり焼酎が入っています。三杯飲んだらかなりベロベロになります。何度か体験済み。(笑)

肴は「その日のオススメ」が黒板に書いてあります。筆者は、滅多に遭遇できませんが「シコイワシ」つまり「煮干し」を造るカタクチイワシの刺身がお目当てです。

「中央酒場」に初めて筆者を連れて行ってくれた友人が昨年他界してしまったので、カウンターで故人を偲んで独り飲むのです。流石に今日は週日の午前中なので入店せずに【駅ぶら】しますよ~。

「中央酒場」から大通りを渡ったところには「やきとり相模屋」。ここは飲める店内と、子供連れが気軽に楽しめる店外立喰があります。流石に午前中は開店前です。焼き鳥の材料を運んできたタイミングでした。

横須賀中央と言うと「みかさ ショッピング プラザ(三笠ビル商店街)」が定番です。大通り沿いのアーケード商店街。地元の友人に聞いたら「昔の店舗が減ってつまらなくなった」と言っていましたが、十分にディープです。安いです。

出入口の上にはバルチック艦隊を破った戦艦三笠が飾られています。アーケード商店街の長さが戦艦三笠の全長と同じなのです。60周年という書いてあります。歴史がありますね。

夫人靴専門店、一足400円! 480円、スゴイです。

撮影したのは2020年3月3日、新型コロナ・ウィルスの流行で人通りは少ないですね。

三崎鮪問屋と書かれています。

こちらはお肉屋さんですが、売られているのは、肉以外の商品が多くないですか?

反対側の出入口にはミリタリーショップ横須賀「三笠本店」があります。

こちらにも戦艦三笠が飾られています。上に「アーケード 三笠の長さだ 大滝町」と貼られています。東郷平八郎らしき軍人が「あ」と驚いているのがおかしい。

せっかくなので戦艦三笠の写真です。

※2018年10月撮影

ノンビリ歩いていたらお昼をだいぶん過ぎました。オナカがへったので横須賀中央駅に戻って「えきめんや」でお昼ご飯にします。それはこの後【EKISOBA】に書きます。

【駅ぶら03】京浜急行91 に続きます。

(写真・記事/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです