館山 鹿島 に2021年春に登場するE131系 2両12本はボックス席など房総209系の特徴を継承

2020.05.12

内房線 木更津~安房鴨川、外房線 上総一ノ宮~安房鴨川、鹿島線 佐原~鹿島神宮に、2021年春、E131系2両12本が登場する。

2両編成のE131系は、モータつき車両1両(M)+モータなし1両(T)の1M1T。モータには全閉型誘導電動機が採用された。

導入エリアを走る209系の4両や6両に対し、E131系では2両と短編成化。2両+2両で4両、+2両で6両といったフレキシブル性もある。

車体断面は、房総を行くE217系と同じく、車体幅をふくらました拡幅車体で、幅は209系より150ミリ広い2950ミリ。

E131系は、房総を行く209系と同じような客室空間も特徴。客室の一部にセミクロスシートを配置する。

また、一部のドア上部に案内表示画面(17インチ)を設置し、運行情報を提供する。

各車両に、車いす・ベビーカー利用者むけフリースペースを設置。トイレは車いす対応大型洋式トイレに。

セキュリティ面も向上。各車両の客室に車内防犯カメラを設置。非常通話装置を1両につき4か所に増やす。

車両側面にカメラを設置し、ワンマン運転対応。乗務員が運転台から乗降客を確認できる。

さらに、モニタリング技術を活用した車両搭載機器や、線路設備の状態監視機能を追加し、故障の予兆を把握する構え。

主回路機器はSiC(炭化ケイ素)半導体素子を採用し、車両の消費電力を低減させている。209系はIGBT素子。

209系のコンプレッサがスクリュー式に対し、E131系はスクロール式(オイルフリー) 。

戸閉装置は、209系が電気式(ラックアンドピニオン方式)や空気式(直動式)に対し、E131系は電気式(スクリュー方式) に更新・統一させる。

外観デザインは、優雅で生命感のある房総の海をイメージした明るい青色と内陸を彩る菜の花の色をイメージした黄色の帯。前面は房総の海の波しぶきをイメージした水玉模様に。


LINEで送る

オススメ記事