JR大阪駅ホームキヨスク6店舗を閉店、大阪環状線1番2番と北陸特急11番は営業継続

2020.05.15

大阪駅桜通口から西側、旧大阪中央郵便局敷地を含む大阪駅西地区の開発工事にあわせ、大阪駅ホーム上店舗が閉店する。

閉店する店舗は、「セブン-イレブン キヨスク JR 大阪駅」の6店舗。3番のりば東店 (3・4番のりば東)、3番のりば西店 (3・4番のりば西)、5番のりば東店 (5・6番のりば東)、5番のりば西店 (5・6番のりば西)、7番のりば東店 (7・8番のりば東)、7番のりば西店 (7・8番のりば西)。

3・4番のりばは、福知山線 特急こうのとり 福知山・城崎温泉方面、特急スーパーはくと 鳥取方面、播但線 特急はまかぜ 城崎温泉・香住方面、JR神戸線、JR宝塚線・福知山線など列車が発着。

5・6番のりばは、JR神戸線・宝塚線、7・8番のりばはJR京都線などの列車が発着する。

今回、閉店する6店舗は、新型コロナウイルス感染拡大防止へむけて一時休業中。このまま閉店させる。

JR大阪駅ホーム上の店舗のうち、1・2番のりば(大阪環状線)の1店舗、11番のりば(東海道線上り 北陸方面、北陸・東海方面特急列車、寝台特急)の2店舗は、営業を続ける。


LINEで送る

オススメ記事