北神急行市営化1週間前の谷上駅

2020.05.30

2020年6月1日から北神急行の新神戸・谷上駅間が神戸市営地下鉄の北神線に変わります。

西神中央駅から谷上駅まで乗り換えなしで移動できますが、神戸市営地下鉄が西神中央駅から新神戸駅まで、北神急行が新神戸駅・谷上駅間をそれぞれ運行管理していました。別会社が運行管理をしていたため三宮駅・谷上駅間が550円と高額になり、利用客数が伸び悩んでいました。このような状況を打開するために、神戸市営地下鉄は北神急行を市営化し、運賃を280円に値下げします。

※本文中の写真は2020年5月25日、兵庫県の緊急事態宣言が解除された後に撮影を行いました。

市営化前の谷上駅

市営化前の谷上駅の様子です。谷上駅のホームには運賃値下げに伴う定期券の払い戻しと通学費助成の終了の案内がありました。

谷上駅の改札を出ました。運賃表を見ると、谷上駅と三宮駅間が550円であることが分かります。6月1日より550円から280円に変わります。

次に、谷上駅のショーウインドーについて取り上げます。ショーウインドーには乗り物イラストレーター・井上広大さんのイラストを背景に鉄道模型が展示されていました。

前面には「32年間ありがとうございました 北神急行株式会社」という掲示がありました。ショーウインドーの隣にある駅長室の入り口には32年前に開業したときの写真が展示されています。市営化後も展示されるのか気になります。

最後に、市営化に伴い、神戸市営バスが谷上駅に乗り入れます。6月1日の運行開始に向けて駅前ロータリーの工事が行なわれていました。

市営化前の北神急行の車両

北神急行と神戸市営地下鉄西神山手線において、神戸市営地下鉄の車両と北神急行の車両が相互乗り入れしていました。

北神急行の車両では、北神急行のマスコットキャラクターのポスターが掲示されていましたが、中吊り広告のほとんどが阪急電鉄のバーチャル駅長のポスターで、壁や天井にあったポスターは外されていました。

最後に

今回は市営化前の谷上駅の様子について取り上げました。三宮駅から谷上駅まで10分で、谷上を経由すると三宮から有馬温泉まで25分で行くことができます。アクセス面でかなり便利ですが、三宮駅・谷上駅間の運賃が550円と高額で利用客が伸び悩んでいました。市営化に伴い、280円に値下げされることで利用客が増えるか注目したいと思います。

ちなみに、冒頭で紹介した柱巻き広告については運賃値下げだけではありません。神戸市や地下鉄の雑学も紹介されています。時間があるときに「へぇ~」と感じてください。

終わりに、5月31日と6月1日に新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から写真・動画の撮影のためだけに来場することを控えるように呼びかけられています。撮影目的で谷上駅に行かないようお願いします。

※神戸市営地下鉄ホームページ
https://www.city.kobe.lg.jp/a80062/kurashi/access/kotsukyoku/subway/index.html

文/写真:樋口也寸志


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです