浸水被害が想定される新幹線 車両基地 電車留置線は全国7か所、浸水対策案を公表

2020.05.28

国土交通省は、浸水被害が想定される新幹線の車両基地・電車留置線と、車両・重要施設の浸水対策についてとりまとめ、公開した。

計画規模降雨により車両・重要施設に浸水被害が想定される場所は、JR東日本 長野新幹線車両センター(長野県長野市)と、JR東海 鳥飼車両基地(大阪府摂津市)の2か所。

想定最大規模降雨により車両・重要施設に浸水被害が想定される場所は、新庄運転区(山形県新庄市)、浜松工場(静岡県浜松市)、博多総合車両所 岡山支所(岡山県岡山市)、博多総合車両所 広島支所(広島県広島市)、熊本総合車両所(熊本県熊本市)、長野新幹線車両センター、鳥飼車両基地 の7か所。

長野新幹線車両センターは、運行への影響が大きいと考えられる電気設備(変電所、信号機器室、補助信号機器室など)のかさ上げ、車両の検修庫などは建屋開口部等に止水板又は止水壁などをを設置していく。

また、こうした対策が完了するまでは、設備の一部を高い位置に仮復旧する、予備品の一部を高い位置または浸水しない所に配備するなど、可能な範囲での対応により運行への影響を軽減する。

これらは財産を所有する鉄道・運輸機構と協議しながら対策を施していく。

鳥飼車両基地は、現在建設中の安威川ダムなどの完成(令和5年度予定)により、将来的に計画規模降雨による浸水被害が発生しなくなると見込まれるなか、信号機器室に浸水被害が発生した場合には災害用予備品を活用するなど、可能な範囲での対応により運行への影響を軽減する。

計画規模降雨は、水防法施行規則第2条第4号に規定する計画降雨(河川整備の基本となる規模の降雨)。年超過確率1/数十~1/200程度。

想定最大規模降雨により浸水被害が想定される車両基地7か所については、従業員等の安全を確保した上で、車両の浸水被害の最小化に努めるほか、施設機能の相互補完による有効活用を進め、社会経済被害の軽減に努める。

想定最大規模降雨は、水防法第14条第1項に規定する想定し得る最大規模の降雨。年超過確率1/1000程度。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです