京都鉄道博物館は6月15日再開 前売り入館券で 運転シミュレータ体験など触れる展示は当面不可

2020.06.02

京都鉄道博物館は2月末から3ヶ月以上にわたる臨時休館を経て、2020(令和2)年6月15日(月)より再開します。

感染症対策として、入館者は原則として前売入館券の購入者に限定。同チケットはセブン-イレブン、PassMe!るるぶレジャーチケット、dトラベル、asoview!電子チケットほか、全国の主な旅行会社で6月8日(月)午前10時より販売します。「京都水族館セット券」など一部の入館券や団体割引などは当面取り扱いません。その他割引利用等の詳細は同館ホームページをご確認ください。

37.5度以上の熱があるなど体調不良の方は入館できません。来館の際は前売入館券を購入し、マスク着用や手指のアルコール消毒にご協力ください。また「3密」を避けるため入館時の待ち列は2m間隔、館内でも適切な距離を保っていただくよう、お声がけを含む対応を行うとのことです。

当面の間、触れる展示などは中止・閉鎖となります。運転シミュレータ体験やSLスチーム号の運転、扇形車庫のSL車両運転台見学などは楽しめませんので、訪れる際は事前にチェックしておいた方が良いでしょう。

図書資料室は土日を含め全日事前予約制で利用可、お弁当ブースでの販売は実施、レストランはテーブルや座席を減らして営業時間を短縮します。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです