JR東日本「駅のスタンプ」を17年ぶりにリニューアル 東京支社エリア内全78駅が対象

2020.06.16

新しいスタンプのデザイン例

JR東日本は東京支社エリア内全78駅に設置している「駅のスタンプ」を一斉にリニューアルする。

日本古来の家紋から着想を得て、各駅社員のアイデアをもとに、駅名だけでなく「駅名の漢字一文字」と「駅やその地域の歴史・特徴などを表現したシンボル」を組み合わせた。たとえば上野なら「野」の字にパンダの図柄が組み合わされる。

デザインのベースとなるフレームは六角形・丸・八角形・四つ丸輪の4つ。色は赤・朱・緑・青・紫の5色から構成されている。海外の利用者にも配慮し英語による表記も加えられた。

新スタンプの使用開始日時は2020(令和2)年7月8日(水)から。また、駅スタンプのリニューアルを記念し、7月8日から「駅のスタンプ手ぬぐい」「駅のスタンプ湯呑」を、7月21日から「駅のスタンプクリアファイル」「駅のスタンプ帳」を発売する。取扱店舗はTRAINIART各店、JRE MALL「鉄道あんてな」ほか、東京支社エリア内のNewDaysなど。

新「駅のスタンプ」設置駅 上中里駅、西大井駅を除き各駅改札外に設置

鉄道チャンネル編集部
画像:JR東日本


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです