山形・秋田新幹線 中央本線 携帯電話不通区間解消進む

2020.06.25

画像:JR東日本

JR東日本は25日、山形・秋田新幹線および中央本線の携帯電話不通区間解消の進捗状況を発表した。

山形新幹線では庭坂駅~赤岩駅間(トンネル長約4.8km)で7月8日(水)から携帯電話サービスを開始する。秋田新幹線では同日までに、赤渕駅~田沢湖駅間(トンネル長約6.5㎞)で順次サービスを開始。これをもって秋田新幹線における携帯電話不通区間が解消される。

また中央本線では高尾駅~四方津駅間(トンネル長約9.0㎞)で7月31日までにサービスを開始する。残る甲斐大和駅~塩山駅間での対策が完了すれば、東京駅~甲府駅の全区間で携帯電話サービスが利用できるようになる。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです