秩父鉄道「ELパレオエクスプレス」8・9月に運転、EL塗装も変更、客車は綺麗に塗り直し

2020.07.20

秩父鉄道は今夏特別臨時列車「ELパレオエクスプレス」を運転する。2020年は蒸気機関車C58363号機の全般検査にともない「SLパレオエクスプレス」の運転が行われないため、EL(電気機関車)がその役を買って出る形だ。

運転日は8月1日(土)~9月27日(日)の土休日、および8月20日(木)。ただし8月29日(土)・30日(日)は除く。運転区間は熊谷~三峰口間(往復)。全席自由席であり、乗車券のみで楽しめる。

使用車両はEL重連+12系客車(4両編成)、ただし日によって異なる場合がある。客車の塗装はきれいに塗り直し、ELに至っては塗色変更も行われた。

EL506号 新塗装色 赤色
EL302号 新塗装色 新青色

乗車特典としてEL客車内で「秩父鉄道オリジナル列車カード」をプレゼント。また秩父鉄道のビュースポットでもある荒川橋梁(上長瀞~親鼻間)走行時は徐行運転を行うため、車窓から迫力ある荒川の景色が楽しめる。客車の一部窓には応援メッセージも掲出する。

その他、8月・9月には出張ラジオ車内放送や「ELガリガリ君エクスプレス」など様々なイベントを実施する。

鉄道チャンネル編集部
写真:秩父鉄道


LINEで送る

オススメ記事