東京メトロの新アプリ登場 デザイン刷新で混雑の可視化も 既存のアプリは残しておいて

2020.08.27

「東京メトロmy!アプリ」画面イメージ 画像:東京メトロ

東京メトロは8月27日(木)、大都市型MaaS(Mobility as a Service)の取組「my! 東京MaaS」の一環として、MaaS機能を実装した新アプリ「東京メトロmy!アプリ」を公開した。

これまでの東京メトロアプリをブラッシュアップしたもので、リアルタイムな運行情報・列車走行位置などが分かりやすくなるようデザインを刷新した。

さらに鉄道・バス・タクシー・シェアサイクルを含むマルチモーダルな経路検索にも対応するほか、検索結果を引き継いで各交通機関のアプリを起動することもできるため、スムーズな乗り継ぎが可能になる。同検索機能はNAVITIMEが提供する。

リニューアルされた画面デザイン 画像:東京メトロ

混雑の可視化にも着手する。東京メトロはこれまで一部区間や駅の混雑状況を公式ホームページに掲載していたが、本アプリでは東京メトロ全9路線の列車内の混雑状況342区間(全区間)、 改札口の混雑状況171駅(東京メトロ管理駅全て)がグラフ化されて確認できる。各駅のピーク時間帯を避けながら移動するのに便利な機能だ。

iPhone(iOS 12.0以降)、Android(AndroidOS 6.0以降)に対応。東京メトロmy!アプリサイトからそれぞれのストアページに遷移してDLすればOKだ。もちろん各ストアで「東京メトロmy」と検索してもいい。利用料は無料で、通信料のみ負担する形となる。

なお、今回のアプリリリースから当面の間は、既存の「東京メトロアプリ」と「東京メトロmy!アプリ」を並行稼働させる。最終的には既存の「東京メトロアプリ」を上書きする形で統合するため、同社は既存のアプリを削除せず残してもらうよう呼び掛けている。

アプリ統合イメージ 画像:東京メトロ

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事