京急ファミリー鉄道フェスタ、初のリモート開催決定! YouTubeで迫力映像配信

2020.10.08

画像:京急電鉄

京急電鉄は8日(木)、「京急ファミリー鉄道フェスタ2020」をリモート開催すると発表しました。

同社は久里浜工場を年に一度開放し、「京急ファミリー鉄道フェスタ」を開催しています。今年で21回目となりますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、YouTubeの2つのチャンネルを利用して動画で配信する運びとなりました。開催日は2020年10月18日(日)です。

第1チャンネルでは3択の「クイズ大会」や同社の路線図を舞台とする「京急すごろく」など、視聴者参加型のライブ配信を行います。クイズの答えをTwitterに投稿することで、京急グッズ詰め合わせが抽選で当たるプレゼント企画も行われるそうです。

第2チャンネルでは、毎年「京急ファミリー鉄道フェスタ」で好評を博している「車体上げ」「洗車体験」など、様々な作業の実演・体験動画、京急車両の紹介動画などを配信します。

「京急ファミリー鉄道フェスタ2020」はリモート開催となりますが、これと連動するかたちで、沿線各地でイベントを分散して開催します。京急川崎駅1番線には本物のデト11・12形を展示。新商品のプラレール「京急デト11・12形」の先行販売も行います。

第1チャンネルでの「京急すごろく」番組内で発信するキーワードをウィング久里浜で答えると、同すごろくで使用したサイコロのミニチュアサイズを先着でプレゼント(10月19日~25日まで)。

京急電鉄は「リモートならではの例年と一味違う「京急ファミリー鉄道フェスタ2020 」を、ご自宅でご家
族お揃いのうえ満喫いただくとともに、連動イベントを開催する沿線各地へもお出かけください」と呼びかけています。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです