東海道新幹線 N700S オリジナルマスクが「鉄道の日」に登場 N700S、N700Aの空調機器フィルタとの関係は……

2020.10.12

商品イメージ 画像:JR東海

JR東海は2020年10月14日(水)12時から、「JR東海鉄道倶楽部」にて、N700Sオリジナルマスクを販売する。同サイト以外でも、10月16日(金)以降順次、東海道新幹線主要駅のキオスクなどで扱う。

同マスクは国産の「ヤマシン・フィルタマスク」にN700Sのロゴなどをデザインしたもの。高捕集性能や性能持続性を特徴とし、押し洗いに5回程度繰り返し使用できる。価格は1パック5枚入りの3パックセットが3,500円、1箱50枚入りが8,500円で、いずれも税込、送料込みの値段となる。

着用イメージ

ヤマシン・フィルタマスクはヤマシンフィルタ株式会社が独自特許を保有するナノファイバーを活用して開発した。同社は1956年に設立された総合フィルタメーカーで、グループ会社では東海道新幹線「N700S」「N700A」の空調機器フィルタを製造している。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです