この日の最高気温は31.6℃しかありませんから大丈夫【駅ぶら04】西武池袋線

2020.11.16

※2020年7月撮影

トップ画像は、飯能駅東側踏切から上り急行池袋行。40000系ドラえもんラッピング電車。ロングシート仕様です。

【駅ぶら】スタート。橋上駅舎には「特急のりば」がありました。特急券自動販売機も設置されています。天井にフィンランド人デザイナーによる膜天井(装飾ですね)があります。

※2020年7月撮影

コンコースが広いなぁ。改札口に来ました。

※2020年7月撮影

改札口を出ました。つい膜天井に目がいってしまいます。右に「TOMONY」、黒い看板は珍しい気がします。

※2020年7月撮影

さてどちらに出ましょうか。

※2020年7月撮影

後から開設された北口方面に行きます。ボウリング場があります。レーンとゲーム中の人たちが見えました。

※2020年7月撮影

地上に降りて南口、ドラッグストアよりもボウリング場の看板の方が大きい。(笑)

※2020年7月撮影

南口も広いですねぇ。

※2020年7月撮影

駅前はロータリーになっています。正面の銀色列柱のドーム、何かと見に行ったら大きなパチンコ屋さんでした。ハデですね。

※2020年7月撮影

ロータリー側から飯能駅南口、ここにも巨大なボウリング場の看板! ドラッグストアの小さな(たぶん標準的な大きさです)看板・・・。(笑)

※2020年7月撮影

少し西側から駅舎全体を撮りました。十分大きいです。でも北口は、上からアタマを出している駅ビルですからね。後で行きます。

※2020年7月撮影

駅前ロータリーに赤いオブジェと”柘榴(ザクロ)の木”があります。飯能の名物に育てたい旨が書かれています。

※2020年7月撮影

余談です。実家に亡父が好きだった浜口陽三さんのカラーメゾチント(版画)が飾ってあったので「柘榴の実」はよく見ていました。でも、樹木を柘榴と意識して見るのは初めてではないかな。

南口から歩いて、ようやくホームと北口駅ビルが見える場所に来ましたが、電柱は動かせません。(笑)

※2020年7月撮影

ホームの西端、線路がのびている終端部まで行きます。

※2020年7月撮影

終端部にたどり着きました。1番ホームには、前回のトップ画像、各駅停車池袋行が停まっています。

※2020年7月撮影

少し北側に行って、ホームを望遠レンズで。前々回のトップ画像は、この後、左の001系Laviewを撮影したものです。

※2020年7月撮影

まだまだ飯能駅をブラブラします。大丈夫、最高気温は31.6℃しかありません。(笑)

(写真・文章/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです