品川に出現した「リニア中央新幹線の特大看板」には何が描かれているの? JR東海に聞いてみた

2020.10.27

品川駅高輪口を出て、目の前の京急第1ビルを見上げると…… 写真提供:JR東海

JR品川駅高輪口そばの「京急第1ビル」屋上に、10月24日(土)から「リニア」の特大看板が掲出されています。

看板の大きさは縦約10m×横約58mで、中央にドーン!と描かれているのは超電導リニアL0系の改良型試験車です。今年の8月から走行試験を開始した最新型の車両で、10月には初めて内装が公開されました。

【参考】改良型試験車 振動や騒音も抑制されている
【参考】改良型試験車内装 今後もブラッシュアップされていく
【参考】従来のL0系先頭車両 ヘッドライトの位置などを比べてみよう

看板の背景には東京タワー、六本木ヒルズ、名古屋城、セントラルタワーズ、通天閣など三大都市のランドマークがシームレスに並び「そして、3大都市は、ひとつに。」「品川から、名古屋へ最速40分。大阪へ最速67分。リニア中央新幹線」というキャッチコピーを引き立てています。

看板ビジュアル 画像提供:JR東海

「リニア中央新幹線の起点となる品川駅で、リニアについて多くの方に知っていただき、東京から名古屋、大阪までが約1時間で繋がった未来について思いを巡らせるきっかけにしていただければと思います」(JR東海担当者)

リニア中央新幹線は2027年の品川―名古屋間開業、2037年の大阪延伸を目指し、各地で建設工事が進行中。未来の始発駅となる品川では、当面の間この看板が掲出される予定です。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです