日高本線「鵡川~様似」鉄道事業廃止届を提出 2021年11月廃止予定も、4月に前倒しの可能性――JR北海道

2020.10.27

大狩部駅周辺の線路の様子(2019年6月撮影)

JR北海道は27日(火)、国土交通大臣宛てに日高本線鵡川~様似間(116.0km)の鉄道事業廃止届を提出したと発表した。

日高本線は苫小牧駅から様似駅を結ぶ鉄道路線。2015年の高波による土砂流出や2018年の北海道胆振東部地震で被害を受けて以来、鵡川~様似駅間では代行バスが運行されている。

JR北海道は2017年2月18日に沿線自治体へ復旧断念ならびにバスなどへの転換へ向けた協議開始を申し入れ、本年10月に協議がまとまり、鉄道事業廃止について同意が得られた。

廃止予定日は2021年11月1日(月)だが、繰り上げが認められれば同年4月1日(最終運行日:同年3月31日)に前倒しする。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです