全国初、乗車券付きインフラカードを東武が発売 すみだリバーウォーク通行者50万人達成記念

2020.10.27

券面、裏面イメージ 写真:東武鉄道

東武鉄道によれば、2020年6月18日に東武スカイツリーライン隅田川橋梁に新設した歩道橋「すみだリバーウォーク」の通行者が、今月21日、50万人を達成しました。

写真:東武鉄道

同社はこれを記念し、すみだリバーウォークを挟む浅草駅ととうきょうスカイツリー駅限定で「すみだリバーウォーク 乗車券付き橋カード」を発売します。カードは通常の乗車券として利用できるほか、券面のQRコードを読み取ることで、隅田川橋梁の歴史や構造物の情報が閲覧できるようになっています。

発売期間は10月30日(金)~2021年4月10日(土)、1枚150円で各駅1,000枚の限定発売。発売駅から150円区間の大人片道乗車券として使用できます。鉄道乗車券とインフラカードを組み合わせたカードの発売は全国で初めて。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです