JR京葉線「幕張新駅」は2023年春開業予定 ホームは2面2線10両対応

2020.10.30

駅舎外観イメージ図(南側より) 画像:JR東日本

JR東日本千葉支社と幕張新都心拡大地区新駅設置協議会は、京葉線新習志野駅と海浜幕張駅の中間に設置する新駅について、開業予定時期を2023年春と発表しました。

新駅は大型商業施設「イオンモール幕張新都心」のそばに設置されるもので、千葉県・イオンモール株式会社・千葉市の3社からなる幕張新都心拡大地区新駅設置協議会とJR東日本が建設費用を負担し、本年7月下旬に本格着工しました。

新駅設置位置 画像:JR東日本

駅本屋は鉄骨造1階建て、ホームは2面2線で10両編成に対応します。バリアフリー設備として多機能トイレやエレベーター(1基)を備えており、千葉市が整備する駅前広場も新駅と同時の開業を目指します。駅名は決まり次第JR東日本が発表します。

改札内コンコースイメージ図 画像:JR東日本
上り(東京方面)ホームイメージ図 画像:JR東日本

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです