京葉線に挙式ヘッドマークつきE233系4両6両の団体臨時列車、2021年6月から2022年3月に走る

2020.11.30

ふだん10両で運行している京葉線E233系が、2021年6月~2022年3月は、4両または6両で走る姿が―――。

これ、JR東日本とブライダル企業がコラボした団体臨時列車「ウエディングトレイン」。

葛西臨海公園でウエディングを実施しているアウトドア・ウエディング Denim-デニム-(ゼットン)とJR東日本千葉支社がコラボし、「ウエディングトレイン」を運行。

列車の最前部には、新郎新婦が考えたオリジナルヘッドマークを掲出し、車内は、二人の思い出や軌跡でいっぱいに装飾。特別な列車がゲストを迎えるという格好。

京葉線沿線の美しい景色を最大限に活かし、結婚式という記念すべき一日がさらに特別な日になるよう、二人の門出をスタッフ全員で祝うという。

そのスペシャルなプログラムについて、公式ページにはこう記されている。

Special 1
オリジナルヘッドマーク搭載:ふたりがデザインしたオリジナルヘッドマークは、そのレプリカを駅長からプレゼントします!

Special 2
ウエディング仕様の特別装飾:オリジナル中吊りポスターなど、車内はふたりの思い出や奇跡でいっぱいに装飾します!

Special 3
オリジナル乗車記念きっぷ:オリジナルの記念硬券に鋏を入れながらゲストと触れ合う楽しいセレモニーをご用意。挙式後は、アウトドア・ウエディングパーティー!

――――ウエディングトレインの募集期間は12月7日~2021年2月28日、個別に無料相談会を開催。

応募条件は、①「京葉線ウエディングトレイン」の車内で挙式を希望する人 ②挙式終了後、葛西臨海公園内の「アウトドア・ウエディングDenim-デニム-」にてウエディングパーティーを実施する人 ③30名以上の挙式・ウエディングパーティーを実施する人 ④同イベント関連のメディア取材への協力、メディア掲載を了承できる人に限る。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです