すみだ水族館の冬企画「月とクラゲ」が幻想的で映える 没入できる! ペンギンプールで12月限定イベントも

2020.12.09

すみだ水族館では、満月のようなクラゲが、夜空に輝く月や星とシンクロし物語を織りなす、この冬だけの空間演出「月とクラゲ」を2月14日まで開催中。

この「月とクラゲ」は、今年7月に誕生した約500匹のクラゲが漂う水槽「ビッグシャーレ」初の期間限定演出。

水槽の頭上には冬の星空や月が照らされ冬の海に浮かぶクラゲを体感できるプロジェクションマッピングだ。

クラゲと満ちていく月がシンクロする映像に没入!

クラゲを上から見ると、まるで海に映り込む満月のよう。ちなみに「海月」という漢字の由来は、クラゲが海中に浮かぶ満月にみえることから。

まさに、丸いクラゲの姿が見られる「ビッグシャーレ」だから体感できる“海月”の姿というわけ。

また、水槽の天井には、成体になるまで形を変化させていくクラゲと、満ちていく月がシンクロしていくような映像を展開。

壁面や床面に投影する映像には、星型に見えるクラゲの赤ちゃん“エフィラ”が流れ星で現れたり、星座をつむいだりと、クラゲの一生を夜空の星たちに重ねて……。

星の瞬きにあわせて変化する水槽照明や、クラゲの拍動のリズムをベースにしたオリジナルの音楽が加わり、神秘的な空間に没入できる。

一年で最も空気が澄んでいる美しい冬の夜空を舞台にした、幻想的で映える世界観を体感する、冬限定のイベントに。

ペンギンプール底面にクリスマスイルミネーションを想わせる映像演出も

12月の金・土・日曜日には、特別プログラム「ペンギンキャンディ」も同時開催。

音楽にあわせてペンギンプール底面にクリスマスイルミネーションを想わせる色とりどりの映像を投影するプロジェクションマッピング「ペンギンキャンディ」(約8分間)で、クリスマス気分がさらに盛り上がる。

冬季限定あったかドリンク「月とクラゲココア」も登場

また、冬のあったかドリンクも期間限定で登場。5階ペンギンカフェでは、「月とクラゲ」をイメージした冬季限定「月とクラゲココア」を2月14日まで提供中。

クラゲの食感をイメージしたタピオカ入りホットココアの上に、夜空のように青いミント味のホイップクリームと、月がプリントされたマシュマロが浮かぶ―――これも映える。

そんなすみだ水族館は、各線 押上駅と、東武スカイツリーライン とうきょうスカイツリー駅すぐ。平日は10~20時、土日祝日は9~21時にオープン。詳しくは公式ホームページ(https://www.sumida-aquarium.com/index.html)をチェック!

こちらの記事もオススメです