桜島線(JRゆめ咲線)に減便、湖西線や山陰線(嵯峨野線)にも運転取り止めや変更が_2021年3月13日から

2020.12.18

大阪環状線は2021年3月13日から、土休日の10~12時の時間帯、京橋~桜島の桜島線(JRゆめ咲線)に直通する一部列車、大阪から桜島まで直通する一部列車などの運転を、取り止める。

また、桜島線(JRゆめ咲線)は、平日の7~9時の時間帯、西九条~桜島を行く一部列車の運転を取り止める。

大阪環状線 西九条から分岐し桜島駅に至る4.1kmの路線、桜島線(JRゆめ咲線)は、1898(明治31)年に大阪~安治川口に開業した西成鉄道(西成線)がルーツ。途中駅には、その安治川口に加え、2001(平成13)年にユニバーサルシティ駅が開業し、JRゆめ咲線という路線愛称がついた。

平日の7~9時の時間帯は現在、桜島駅から毎時8本の電車が発車する。そのうち3本が大阪環状線 京橋駅まで直通、それ以外は西九条止まり。

湖西線や山陰線(嵯峨野線)でも変化

湖西線は、11~15時の時間帯、京都~近江舞子を運転する一部普通列車のなかで、堅田から近江舞子までの運転を取り止める。

また土休日の10~16時の時間帯は、京都~堅田を運転する普通列車も取り止める。

いっぽう、山陰線(嵯峨野線)は、平日朝時間帯に設定する園部方面行きの快速列車を普通列車に変更。これで利用者が集中していた普通列車の混雑と各駅降車時のホーム混雑を緩和する。

また平日にあわせるかたちで土休日に設定している快速列車も普通列車に変更する。

さらに、10~16時の時間帯に京都~嵯峨嵐山を運転する普通列車も、取り止める。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです