埼玉県内初のポラスグループ単独住宅展示場「体感すまいパーク東浦和」2か月で550組来場記録、20~40代が注目

2021.03.19

武蔵野線 東浦和から歩いて20分、第二産業道路沿いにある、埼玉県内初のポラスグループ単独展示場「体感すまいパーク東浦和」が、オープン2か月で来場者550組を記録した。

体感すまいパーク東浦和は、2018年オープンの「体感すまいパーク船橋」「体感すまいパーク柏」に次ぐ3番目のポラスグループの単独住宅展示場。3月18日、そのなかに出現した4つの注文住宅ブランドを、メディアに公開した。

ポラス 体感すまいパーク東浦和 に展示されている注文住宅のブランドは、「PO HAUS」(ポウハウス)、「北辰工務店」、「HaScasa」(ハスカーサ)、「GRANSSET」(グランセット)の4つ。

4ブランドのうち、「GRANSSET」(グランセット)を手がけるポラス グランテックは、鉄骨造 賃貸併用住宅モデルハウスをこの東浦和で初出展している。

また、オープン2か月で来場者が550組を超えたことについて、「1月8日からの緊急事態宣言以降でも、多くの予約が入っている。顧客の家づくりに対する強い思いや、住まいへの関心は高いことが裏付けられている。また家づくりを土地探しからサポートしているのも強み」とポラスグループはいう。

「埼玉県は都内へのアクセスがよく、注文建築を望む20~40代がここ体感すまいパーク東浦和を訪れてくれる。とくに若い世代は、予算に限りがあるなかで、思ったとおりの遊び心をもった楽しい部屋をつくりたいという志向がある」

「自社の単独展示場は使用期限がないのがメリット。また宅建業を取得している住宅展示場は珍しく、土地の提案や、要望をスピーディーに対応できるなど、顧客にとってもメリットが非常に大きい」(ポラスグループ)

それぞれの注文住宅ブランドの特長については、ポラス公式ホームページと公式You Tubeチャンネルで紹介されている。

暮らし方をデザインする~デザイナーとつくる唯一無二の家~

1100万円からの自由設計『おうち時間を楽しむ家』

あったらいいなを叶えるフレンチモダンスタイル

収益を生む多用途住宅(賃貸併用住宅)

◆ポラス 体感すまいパーク東浦和
https://www.polus-ie.jp/park/higashiurawa/

こちらの記事もオススメです