アソビでもっと地元を楽しく! 子どものピュア発想から生まれたゲーム、バンダイナムコや大分県の後押しで完成!

2021.03.20

「全国の人にエンターテインメントを届けたい」「もっと日本を元気にしたい」 そんな思いで自治体や企業と連携したプロジェクトで地方活性化をめざすバンダイナムコ エンターテインメント。

同社は、全国の小学生を対象に「地元を楽しくするアイデア」を募集し、いっしょにカタチにしていく応援プロジェクト『地元アソビつくり隊!』を展開中。その第2回の優秀賞が決まり、3月20日、完成披露イベントが開かれた。

その現場は、大分県立美術館 1階 アトリウム。そこに出現した子ども発想の最新ゲームが、「すきっちゃ!! 動物となかよし」。

発案したのは、大分県在住の大友亮仁(おおともあきひと)くんと、大友心晴(こはる)ちゃん。

子ども、自治体、大学、バンダイナムコがいっしょにゲーム化

「大分県の動物がたくさん出てきて、助けてあげるゲームです」(亮仁くん)

「わたしの持つパンを空を飛ぶとんびが狙っていてるのをみて、おなかいっぱいにしてあげたい。大自然を守ってあげたいと思って考えました」(心晴ちゃん)

こうした2人の想いをバンダイナムコ エンターテインメントが汲み取り、大分県 生活環境部 自然保護推進室や、大分大学 理工学部の協力を得て具現化。

「絶滅危惧種を勉強してもらい、どんなゲームにしたいか、絶滅危惧種を知ってもらうためにはどうすればいいかなど、ゲームという『アソビ』を切り口に、動物や大分のことを、調べたり考えたりし制作をすすめた。ゲームの待機画面には、大分県内の見どころなども紹介するようにした」(バンダイナムコ エンターテインメント)

「このゲームを通して、絶滅危惧種の世界や、大分の魅力を体感してもらえれば」(大分県)という、大分発の子ども発想最新ゲーム「すきっちゃ!! 動物となかよし」。その初期アイデアやコンセプトは、公式ホームページに公開されている。

◆BNJ PROJECT『地元アソビつくり隊!』
https://bnj.bandainamcoent.co.jp/tsukuritai/
◆第2回優秀賞に選ばれた「すきっちゃ!!動物となかよし♡」のアイデア概要
https://bnj.bandainamcoent.co.jp/tsukuritai/member/results/results02.php
◆BNJ PROJECT『地元アソビつくり隊!』 トレーラームービー

こちらの記事もオススメです