西武園ゆうえんち、昭和の商店街やゴジラを目玉に5/19グランドオープン 路面電車の塗装も変わる

2021.04.13

2021年4月13日、新たな「西武園ゆうえんち」の記者発表会が行われ、「ゴジラ」をテーマとするライド・アトラクションや昭和感漂う商店街のライブ・パフォーマンスなどの詳細が明らかになりました。

グランドオープンは2021年5月19日の予定です。本稿では新たな西武園ゆうえんちの見所や、エントランスに設置される元長崎電軌の1050形1051号の動きなどを紹介します。

昭和の世界観でリニューアル

株式会社西武園ゆうえんち代表取締役 藤井拓巳氏

「西武園ゆうえんち」は「心あたたまる幸福感に包まれる世界」をコンセプトにリニューアル中(2020年11月より休園)。1960年代をイメージした「あの頃の日本」の町並みを再現し、「そこで暮らしているかのような人々とのインタラクションをお楽しみいただける」テーマパークとなる予定です。

ゆうえんち地図 TM & © TOHO CO., LTD.  ©TEZUKA PRODUCTIONS

エントランスゲートをくぐれば、そこには「あたかもずっとそのままあったかのような」昭和の雰囲気に満ちた商店街の町並みが広がります。1960年代をイメージして緻密に作られた「夕日の丘商店街」の至るところにパフォーマーが潜み、来訪者(ゲスト)をライブ・パフォーマンスで歓迎します。

【盗人×駐在のチェイス】や【八百屋のたたき売り】など、コミカルで懐かしいパフォーマンスがゲストを待つ。登壇者は株式会社西武園ゆうえんちマーケティング課長 高橋亜利氏

また「西武園ゆうえんち」では独自の「西武園通貨」を発行。商店街で見つけた「ポン菓子」やクロケットを、当時の物価を実感しながら購入する楽しみ方も。質感や色合いにこだわった「西武園通貨」でお買い物の体験そのものもエンターテインメントに変えてしまいます。

独自の園内通貨「拾園(じゅうせいぶえん)」と「百園(ひゃくせいぶえん)」の2種類
買い物自体が一つの魅力的な商体験に。「THE 昭和」なナポリタンが美味しそう

さて、その「夕日の丘商店街」を見下ろす丘の高台には、商店街の住人憩いの映画館が建っています。当時の娯楽の王様と呼ばれた映画館ですが、ここに大怪獣「ゴジラ」をモチーフとした大型ライド・アトラクションが新たに登場。

映画を見に来たゲストたちが突如としてゴジラとキングギドラの決戦に巻き込まれて……というスリリングな体験が楽しめます。昭和をイメージしたどっしりとした体格のゴジラは、『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎監督が西武園ゆうえんちのために新たに描き下ろしたそう。

ゴジラをテーマとした常設のライド・アトラクションとしては世界初

商店街を抜けると、そこには家族で思いっきり楽しめる世界初のファミリー・エリア「レッツゴー・レオランド」が広がっています。日本を代表する漫画家・手塚治虫氏の人気作品『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』のキャラクターが登場し、「大人にとっては懐かしいけど新しい」「子供にとっては新しいけど懐かしい」体験を提供します。

手塚治虫キャラクターたちが登場する世界初のファミリー・エリア 限定グッズを販売するショップ「レッツゴー!バザール」も併設

元長崎電軌の路面電車は塗装変更、入口も西武園ゆうえんち駅に

新たな「西武園ゆうえんち」キービジュアル 左下の車両に注目 TM & © TOHO CO., LTD. ©TEZUKA PRODUCTIONS

鉄道系メディアとして注目したいのは、キービジュアルにも描かれた元長崎電気軌道の路面電車「1050形1051号」でしょうか。

1050形1051号は、1976(昭和51)年まで営業していた仙台市電から車体を、西鉄北九州線の車両から台車を譲り受け、長崎で走った路面電車車両です。近年ではイベント時などに運転されていましたが、老朽化にともない2019年に引退。長崎電気軌道から譲渡され、「西武園ゆうえんち」エントランス付近に設置される運びとなりました。

記者発表会では、本車両について「塗装は変更した」というお話も。「駅を降りてエントランスで(本車両が)ゲストを出迎えるということで、懐かしいと直感的に思っていただける色指定としている」とのこと。実際に人々の生活の足として活躍した車両の力を借り、昭和の熱気を運び続けた本物の手触りを感じさせる狙いです。

なお、「昭和の商店街をしっかりゲートを通って抜けていただく、ゲストの方に魔法をかけ、全体がとても素晴らしい遊園地にみえるという体験を意図した」というコンセプトに沿うかたちで、西武園ゆうえんちのゲートは「西武園ゆうえんち駅」(旧遊園地西駅)に集約。

かつては「多摩湖駅」(旧西武遊園地駅)からも入場できましたが、リニューアル後は山口線(レオライナー)に乗って隣の「西武園ゆうえんち駅」で降りるか、メインゲートまで徒歩で向かってから入園するかたちになるようです。

【参考】2021年3月13日のダイヤ改正に伴い「西武遊園地駅」は「多摩湖駅」に改称。「西武園ゆうえんち」リニューアル開業時は、ここではなく「西武園ゆうえんち駅」で降りて向かおう(写真:住田至朗)
【参考】メインゲート最寄りの「西武園ゆうえんち駅」 写真は2020年取材当時、駅名が「遊園地西駅」だった頃(写真:住田至朗)

文/写真:一橋正浩

 


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです