地上の新井薬師前駅ホームを見られるのは?【駅ぶら04】新宿線15

2021.06.19

※2021年4月撮影

トップ画像は、西武鉄道新宿線新井薬師前駅下りホームに到着する各駅停車田無行。

新宿線新井薬師前駅の地下化工事で仮設された跨線橋に上がります。本川越駅方面はトップ画像で到着した各駅停車が出発して行きました。

※2021年4月撮影

反対の西武新宿駅方面。ホームの北側が地下化工事の大きな施工ヤードになっています。

※2021年4月撮影

西武鉄道さんのホームページ「新宿線中井~野方駅間連続立体交差事業のご案内」「工事の順序」から新井薬師前駅の部分の図をお借りしてきました。このページでは実際の工事の進め方が画像で展開されています。

ホームの北側地下に開削工法で地下駅を作ることが分かります。溝を掘って工事をします。

※西武鉄道「新宿線中井~野方駅間連続立体交差事業のご案内」「工事の順序」から

完成後、地表は更地になり地下に島式ホームの新井薬師前駅が新たに設置されます。

※西武鉄道「新宿線中井~野方駅間連続立体交差事業のご案内」「工事の順序」から

上りホームに降りて本川越駅側に歩いてきました。西武新宿駅方面を見ています。仮設跨線橋が見えます。暫定的な仮設なのでエレベーターはありません。

※2021年4月撮影

北口を出ます。外が白くトンで分かり難いのですが、西側(本川越駅側)の踏切まで通路が延びています。

※2021年4月撮影

改札口の外から。

※2021年4月撮影

これが北口から西側踏切まで続く通路。

※2021年4月撮影

西側(本川越駅側)の踏切から新井薬師前駅ホーム、右側(下りホーム)に南口があります。地下駅が北側に作られることでホームのカーブを無くせるのではないかと思いました。

※2021年4月撮影

反対側、隣の沼袋駅が遠目に見えています。こちら側の地下化工事はまだ着手されていない様に見えました。

※2021年4月撮影

望遠レンズで撮ると沼袋駅の手前から地下化工事が行われていることが分かります。

※2021年4月撮影

南口に向かいます。懐かしい雰囲気の商店が並んでいます。

※2021年4月撮影

やはり工事用の壁が作られています。

※2021年4月撮影

南口はオリジナルのままでしょうか。

※2021年4月撮影

これは【駅ぶら】撮影後に再びホームに戻って撮ったカットです。下りホームの南口付近から奥は西武新宿駅方面。

※2021年4月撮影

南口の表示。写真右側はバリアフリーのスロープです。

※2021年4月撮影

南口改札の内側から。

※2021年4月撮影

では、次回は新井薬師前駅の周辺を散歩します。

(写真・文章/住田至朗)

※鉄道撮影は鉄道会社と利用者・関係者等のご厚意で撮らせていただいているものです。ありがとうございます。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです