伊豆急下田から伊東までの約1時間を収録 リゾート21の運転席VRが11日発売

2021.05.10

海を向いた開放的なパノラマシートや展望車両を併設した「リゾート21」を、かつて下田に来航した「黒船」に見立て塗装した「黒船電車」――

伊豆急行の看板列車とも言える「黒船電車」の運転席VRが2021年5月11日(火)に発売される。伊豆急下田駅から伊東駅までの約1時間を8K360°映像で撮影したもので、360°視点ならではの展望と「まるで真横に運転士がいるかのような臨場感」が最大のポイント。

満開の河津桜や温泉の湯煙といった伊豆ならではの景色に、女性運転士の機敏な運転の様子や喚呼の声、車掌のアナウンスなど実際の車内の音声も収録した。また当時はまだ運行していたJR185系「特急踊り子」をはじめとする、伊豆急行線を走行する様々な列車とのすれ違いシーンなども楽しめる。

販売価格は4,980円で、視聴方式はストリーミングのみ。アプリストアVR SQUAREやBlinkyにて、2021年5月の販売開始から2年間(2023年5月)限定で視聴できる。

伊豆急行が監修協力、グループ会社の伊豆急ケーブルネットワークとVRのコンサルティング&プロデュースを担うジーンハートが製作。鉄道会社公式の運転台の中で8K撮影したVR映像はネット上でも見られないため、「おそらく世界初の商品ではないか」とうたう。

早期購入特典として先着1,000名に「黒船電車オリジナルVRゴーグル」を贈呈する。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです