ちょっと余談過多です【駅ぶら04】新宿線57

2021.07.31

※2021年3月撮影

トップ画像は、前回望遠レンズで撮った下り各駅停車拝島行電車が小平駅1番ホームに入線したところ。新宿線の【駅ぶら】終了後に、拝島線の連載を始めます。これが西武鉄道では【駅ぶら】最終章になります。

前回の続き。稲荷大明神に日々の安寧のお礼を申し述べました。駅前通り越しに小平駅南口正面です。

※2021年3月撮影

駅前通りを東に向かいます。桜の大木が見えている辺りが「多摩湖自転車歩行者道」(都道253号線)です。

※2021年3月撮影

「多摩湖自転車歩行者道」は桜並木なのでお花見に来ている方々もいました。

※2021年3月撮影

しばらく桜並木が続いていますが、まぁ今年の花見は既に十分したのでこの辺りで小平駅に引き返します。

※2021年3月撮影

駅に戻る途中、複数の消防車がサイレンを鳴らして集まってきました。奥には救急車も見えます。ワイヤーや毛布などを運ぶ消防士さんたち。ガス漏れかな。

※2021年3月撮影

君子(では全くありませんが)危うきに近寄らず、早々に小平駅の方に戻りました。

南口ロータリーに美しい花壇があります。花を眺めていたら消防車騒動は治まった様です。

※2021年3月撮影

花壇の所にキャラクターがいます。左の不思議な形はブルーベリーの「ぶるべー」。小平市がブルーベリー栽培発祥の地なのだと書いてありました。日本のブルーベリーが小平から始まったとは知らなかった。

※2021年3月撮影

右のキャラクターも筆者は知りませんでした。Jリーグ“FC東京”のマスコット・キャラクターの「東京ドロンパ」。タヌキの男の子だそうです。小平市に練習場「FC東京小平グラウンド」がある関係かな。

余談です。映像プロデューサー時代に新青梅街道沿いにあった東京ガスの実験住宅でVP(ビデオ・パッケージ)を撮影した事を急に思い出しました。25年も昔の事ですが、現在の「FC東京小平グラウンド」のすぐ近くでした。お昼を食べた「びっくりドンキー」が今も街道沿いにあります。

広告代理店の営業氏が出たばかりのVW GOLFⅢ VR6(2.8L SOHC)に乗って現れたのでスタッフのクルマ好き一同が仕事そっちのけで大いに盛り上がったことで記憶に残っています。

小平駅前で不思議なバスを発見しました。「銀河鉄道」と書かれているのです。

※2021年3月撮影

そんな名前の鉄道会社は聞いたコトありません。しかし明らかに路線バスなのです。

※2021年3月撮影

その後調べたら、東京都東村山市に本社を置くバス事業者でした。車庫と営業所は「太陽系地球営業所」と、真面目なのか冗談なのか迷います。

創業社長が子供の頃からのバスファンで大学卒業後家業を手伝っていましたが、1999年にバス会社を設立。それで「銀河鉄道999」から社名を付けたそうです。

2008年から東村山市周辺で路線バスの運行開始。「大手バス会社が撤退した地域」あるいは「住民が長年陳情してもバスが走らなかった地域」で路線バスを運行しているそうです。ちょっと応援したくなりますね。

短いですが小平駅【駅ぶら】はこれにて終了。次は久米川駅に向かいます。

(写真・文章/住田至朗)

※鉄道撮影は鉄道会社と利用者・関係者等のご厚意で撮らせていただいているものです。ありがとうございます。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです