新幹線E4系「Max」懐中時計 アサミズカンパニーから発売 2021年秋にラストラン

2021.06.16

アサミズカンパニーはE4系「Max」のシリアルナンバープレート付き懐中時計を発売する。予約は6月16日からアサミズカンパニー楽天店で受け付け、8月下旬以降のお届けとなる。価格は8,800円(税込)。

文字盤には高級感のある色合いを使用し、ロングノーズの印象深い正面デザインに。裏面にはロゴマークや運行開始西暦の彫り込みを入れ、専用BOXには朱鷺のロゴデザインを配した。

【材質】
時計本体:合金
風防:ミネラルガラス
チェーン:鉄

【サイズ】
文字盤:直径約4.8cm
チェーン:約37.5cm
シリアルナンバープレート:約1.5×2.8cm

・日本製ムーブメント使用
・モニター電池入り
・中国製
・JR東日本商品化許諾済

E4系は1997年に東北新幹線で運行を開始。2編成連結した16両編成の場合、定員は1,634名となり、その輸送力は通勤・通学やスキーシーズンの観光客輸送に役立ってきた。現在は上越新幹線で運用されているが、東北新幹線を走るツアーが企画されることもある。

運行開始から20年以上が経過していることもあり、2020年度末までには新型の「E7系」で置き換える計画が進められていた。しかし2019年の令和元年東日本台風の影響で長野新幹線車両センターが水没し、E7系・W7系10本120両が廃車に。この影響でE4系「Max」の引退時期は2021年秋頃まで延長されることになった。

2021年6月現在はラストラン企画が進められており、詳細はJR東日本の特設ホームページで確認できる。専用Twitter(@MaxLASTRUN)では関連商品の入荷情報発信や関連動画の紹介を行っている。

鉄道チャンネル編集部
(画像:アサミズカンパニー)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです