2路線で茨城県民の生活を支える 地方鉄道から都市鉄道に躍進する関東鉄道 ファン向けイベントも多彩【コラム】

2021.06.26

インディーズバンドが歌う「常総線」

短いニュースを続けます。ホキ撮影会と同じ水海道車両基地でライブ演奏会を開いたのは、インディーズバンドの「人類滅亡プロジェクト」。ものすごいバンド名ですが、関鉄にちなんだ「常総線」は、胸キュンのバラード。YouTubeにPV(プロモーションビデオ)がアップされているので、関鉄ファンの方、音楽好きの方はぜひ。

好評だった2月の「日本酒列車」に続き、きょう2021年6月26日には初めての「ワイン列車」が運行されます。八千代町のワインに、特製フレンチ弁当などをセット。感染対策も万全です。

常総線では、2022年5月15日まで沿線の幼稚園・保育園児や小学校児童の絵を広告枠に展示した「常総線ちびっ子アートトレイン」を運行していました。(写真:関東鉄道)

「とばのえステーションギャラリー」

関鉄常総線で訪れてみたいのが、下妻市の騰波ノ江駅。小駅ですが、風情ある駅舎は「関東の駅百選」に認定されます。

騰波ノ江駅には、かつて存在していた引込線跡の一部を利用した体験施設〝とばのえ支線〟があり、特定日には軌道自転車の乗車会などが開かれます。駅舎は、「とばのえステーションギャラリー」として鉄道模型ジオラマが置かれ、イベントも開かれます

騰波ノ江ステーションギャラリーでは、往復5分ほどの「軌道自転車の旅」が体験できます。(筆者撮影)

グループのバス会社4社が「働きやすい職場認証」

バス関係のニュースを紹介するスペースがなくなりましたが、最後に一点。関鉄グループの関東鉄道、関鉄観光バス、関鉄パープルバス、関鉄グリーンバスの4社は、国土交通省が2020年度に創設した「働きやすい職場認証制度」に認定されました。①法令遵守、②労働時間・休日、③心身の健康、④安心・安定、⑤多様な人材の確保・育成――の5項目で、必要条件を満たしました。

文/写真:上里夏生


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです