SL大樹「ふたら」定期運行は10月16日から 「いつでも乗れるSL」で日光・鬼怒川エリアの観光活力創出

2021.09.01

営業運転初日の様子 東武日光駅

東武鉄道は2021年10月16日(土)からSL大樹「ふたら」の定期運行を開始する。きっぷは2021年10月8日初列車より、駅窓口や公式サイトで発売する。

東武日光駅発着のSL大樹「ふたら」は、2020年10月に営業運転を開始。団体専用の臨時列車として毎月1回程度の運行を行っていた。

今後は鬼怒川線を運行する「SL大樹」とあわせて定期運行することで、鬼怒川エリア・日光エリアの両エリアで「いつでも乗れるSL」を実現。両エリアの観光活力創出による地域活性化に寄与するという。

鉄道チャンネル編集部

<鉄道チャンネル 関連記事>
東武日光駅に初めて乗り入れ、新名称はSL大樹「ふたら」――10月営業運転開始
https://tetsudo-ch.com/10598686.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです