気分は東上線の運転士? 浅草東武ホテルの本格運転シミュレータールームにお邪魔しました

2021.09.25

移設された「実物」の運転シミュレーター

変更点は運転台右側の画面のみ。本来は何も表示されていませんが、ホテル側で車内図を用意されたそうです

コンセプトルームに移設されたシミュレーターがこちら。東上線へのATC導入(2015年)に伴い、2013年ごろから2021年8月ごろまで志木乗務管区で使用されていたものです。現在も森林公園乗務管区などでは同型のものが使われています。

シミュレーターの運転台は東京メトロ副都心線直通車両として投入された「東武50070型」のもの。運転できる区間は東武東上線(池袋~小川町間 上下線)で、普通/急行の2種別から選択することができます。出発駅や番線の設定、閉そく区間ごとのATC制限速度、先行列車なども設定可能です。

まずは運転台右側のモニターで「上り」「下り」の設定から始め……
種別・始発駅・駅で使用する番線を設定していく

実際に動かしてみると……

マスコンハンドル操作の様子

マスコンキーを「地下鉄・東武」側に回し、マスコンハンドルを握りしめ、ガコガコ音を立てながら倒していきます。出発前には「戸閉知らせ灯」の確認も怠りなく。

走行中にハンドルから手を放してしまうと「デッドマン装置」が作動しますので、運転中はずっと握ったまま。あとは許容最高速度を越えないようにマスコンハンドルを戻したりしながら、停車駅の前でブレーキをかけて減速。停止位置を越えないように……

……と文章で書くのは簡単ですが、これがなかなか難しい。記者は運転士ではありませんし、こうした訓練を受けたこともなければ鉄道運転系のゲームも見る専。実物は手に負えません。運転士の才能はなかったようです。

ホテルの方にお願いして実際に操作していただきました。なお、実際のご利用時には保安上の理由から制服の貸出は行いません(子供用制服については検討中とのこと)

でも利用者は「50070型の運転方法なら知ってますよ」という濃いファンばかりではないはず。家族でのご利用も想定される鉄道シミュレータールームですから、子供でも楽しめるようにマニュアルが用意されています。今回見せていただいたのは製作中のものですが、写真と丁寧な解説のおかげで誰でも操作できそうです。

現在製作中のマニュアル。運転シミュレーターの操作方法が分かりやすくまとめられています。

次ページやはり「実物」は引きが強い?


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです