東京モノレール1000形で貸切湾岸夜景列車ツアー……車内灯も消し、夜景ポイントでは徐行

2021.09.25

東京タワー、レインボーブリッジ、天王洲シーフォートスクエア、東京メガイルミ(大井競馬場)、羽田空港……

ひとたび車窓に目を向ければ、東京モノレールの沿線は結構な湾岸夜景スポットだと気付く。そこに目を付けた日本旅行が、1000形電車を使った「夜景列車」を企画した。

1000形電車イメージ

天王洲アイル直結、第一ホテル東京シーフォートの展望宴会場で夕食をいただいたあと、19:20発の夜景列車に乗車。浜松町で折り返し、天王洲アイル、大井競馬場前、羽田空港エリアを経て、20時ちょうどに羽田空港第2ターミナルへ到着する。

運行中は車内灯を消灯し、主な夜景ポイントでは観光徐行運転を実施。さらに乗務員による沿線夜景案内も行う。普段は通勤・通学や空港へ向かう際に使う「移動手段」としての性質が強いモノレールが、観光列車に早変わりする。

そんな「東京モノレール貸切湾岸夜景列車とホテル展望宴会場ご夕食の旅」は、2021年10月30日と11月23日にそれぞれ日帰りツアーとして実施。

旅行代金は大人13,000円~16,000円(小人12,000円~15,000円)。ツアー予約は2021年9月28日15時から、「日本旅行 大阪法人営業統括部(旧大阪法人営業支店)」のホームページか「日本旅行 大阪法人営業統括部 鉄道・バス企画デスク」専用のツアー予約サイトにて受け付ける。

画像:東京モノレール
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです