JR貨物 交流回生ブレーキつきEF510形301号機を来春投入、新銀釜でED76やEF81を置き換え <新型車両>

2021.10.15

JR貨物は、九州むけ EF510形式 交直流電気機関車301号機「ECO-POWER レッドサンダー」を製作し、九州エリアで2023年3月から走らせる。

車体は新塗装を施し、車両メーカーからの出場日は12月16日。

JR貨物は2001年から EF510 形式交直流電気機関車を投入。本州の日本海縦貫線や東海道線、山陽線の貨物列車けん引に当てている。

現在、九州で運行している ED76形式交流電気機関車(1965年~)や EF81形式交直流電気機関車(1968年~)の置換用として、EF510 形式を導入し、九州むけ量産先行車301号機1両の製作をすすめている。

今回製作する EF510形は、本州で運行している EF510形とは異なる仕様とし、「JR貨物グループ長期ビジョン 2030」で掲げた「グリーン社会の実現」という価値を提供すべく、貨物鉄道輸送における消費電力削減にむけ、交流回生ブレーキを装備した。

これにあわせて、車体の塗装を変更し、従来の EF81形303号機などで親しまれている銀色をベースとしつつ、「ECO-POWER レッドサンダー」の愛称を継承したデザインに仕立てるという。

画像:JR貨物
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです