JR四国 キハ185系版 新型「伊予灘ものがたり」 特急に格上げし2022年春から運行

2021.10.18

四国 予讃線の海沿い 松山~八幡浜を結ぶ観光列車「伊予灘ものがたり」が、国鉄キハ185系ベースで新たにつくられ、2022年春から走り始める。

国鉄キハ47形ベースの従来車2両編成に対し、185系版は3両編成化し、あわせて特急に格上げされる。

新型「伊予灘ものがたり」定員58名の座席構成は、次のとおり。

1号車「茜の章」(グリーン座席・定員27名)
海向き展望シート、2人掛け山側シート、4人掛けボックスシート

2号車「黄金の章」(グリーン座席・定員23名)
海向き展望シート、2人掛け海向きペアシート、2人掛け山側シート

3号車「陽華の章」(グリーン個室・定員8名)
2人掛けソファーシート4席。

キハ185系版「伊予灘ものがたり」の客室設備の目玉がこれ↓↓↓

3号車にラグジュアリールーム(個室)を新設

3号車には、「大切な人と過ごす時間と空間」をコンセプトにしたグリーン個室を新設。

車両の半分が客室という贅沢な空間で、上質感あふれるゆったりとした時間を過ごせる。

2人旅におすすめ、ペアシートも登場

海むき展望シートの一部がペアシートに進化し、夫婦やカップルなどふたりで旅行するシーンでおすすめの空間に。

また、キハ185系車両にあった自動換気システムも活かし、車内全体への抗菌・抗ウイルスコートの施工や、シート間隔の拡大によるソーシャルディスタンスの保持などを実施。新型コロナウイルス対策も重ねていく。

さらに、オール愛媛にこだわり、サポートレストランや女性砥部焼作家グループ「とべりて」など、これまで伊予灘ものがたりを盛り上げた人たちとともに、愛媛の魅力を伝えていく。

運転区間・運転時刻・停車駅は、従来に引き続き、松山~伊予大洲・八幡浜で運転。各便とも、美しい伊予灘の景色が魅力の下灘駅で約10分間、停車する。

車内の食事などを提供する地元レストランは、キハ47版から引き続き、ヨーヨーキッチン!(松山市)、内子フレッシュパーク レストランからり(内子町)、瀬戸内風仏蘭西料理レストラン門田(松山市)、Petit Paris(プチパリ)(松山市)が担当する。

車内には、いまどきの Wi-Fi やコンセントもつく。車内 Wi-Fi サービスを利用すると、スマートフォンで前面展望ライブ映像などもチェックできる。

画像:JR四国
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです