新幹線・特急列車のグリーン料金が変わる JR東・西が2022年春改定

2021.10.26

JR東日本とJR西日本は2021年10月26日、新幹線のグリーン車・グランクラス適用料金、一部特急料金などを改定すると発表した。利用状況や経営環境の変化を踏まえたもので、実施は2022年春予定。

JR東日本の現行の料金は、同社が2002年の東北新幹線八戸開業時に利用促進を目的として値下げしたものをベースとしている。これを一部営業キロ帯を除き、JR6社共通のグリーン料金と同等の水準に改定する。グランクラス料金と「サフィール踊り子」のグリーン料金は、ベースとなるグリーン料金の変更に応じるかたちでの改定となる。

対象となる列車・設備

<JR東日本>
■東北・山形・秋田・上越・北陸の各新幹線グリーン車・グランクラス
■JR東日本在来線特急列車のグリーン車
■「サフィール踊り子」のプレミアム・グリーン個室

※「なごみ」のグリーン車、「TRAIN SUITE 四季島」および「スペーシア」の個室料金は除く。

<JR西日本>
■北陸新幹線のグリーン車・グランクラス

改定料金

画像:JR東日本

601キロ~700キロまでの料金はJR6社共通のグリーン料金より低廉な価格で設定される。また「成田エクスプレス」 の現行グリーン料金は距離にかかわらず2,100円だが、改定後は2,800円に。

新幹線でJR東日本とJR西日本、またはJR東日本とJR北海道にまたがる区間を利用する場合のグリーン料金は、それぞれの区間に対して算出したグリーン料金を合算した額。在来線特急列車でJR東日本とJR他社とにまたがる区間を利用する場合のグリーン料金は変更なし。

画像:JR東日本

グランクラス料金は飲料・軽食ありなしいずれも、JR東日本とJR西日本またはJR東日本とJR北海道にまたがる区間を利用した場合、それぞれの区間に対して算出したグランクラス料金から1,050円引きした額を合算した額になる。

画像:JR東日本

画像:hnamasute / PIXTA(北陸新幹線車両イメージ)
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです