上野駅改札内で始まったアート作品展、近日中に高田馬場駅コーヒーショップでも

2021.11.17

JR東日本の上野駅公園口改札内 連絡通路にて、2021年11月13日からアート作品の展示が始まった。

山手線を起点に、心豊かな都市生活空間を創造する『東京感動線』 の取り組みの一環。「いつもの駅で、気軽にアートを愉しむ機会を提供する」という思いから、駅の広告フレームを活用してアートギャラリーを展開している。上野駅のギャラリーは「YAMANOTE LINE MUSEUM」と命名され、SNS上でじわじわと話題を呼んでいる。

11月25日からはベックスコーヒーショップ高田馬場店内でも、「ToMoRrow Gallery」と題したアートギャラリーの展開を予定しており、こちらはJR東日本グループが運営する店舗内では初めての、コーヒーショップ併設のアートギャラリーとなる。不定期に作品を入れ替えることで、訪れるごとにアートとの出会いを楽しめるスペースになるそうだ。

JR東日本のECサイト「JRE MALL」では、新たにアート特集のページ「JRE MALL ART COLLECTION」を開設。アート作品や関連グッズの販売なども行っている。

画像:JR東日本
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです