コロナ前に戻った感の12月17日 金曜日 新幹線 のぞみ 211号 東京→新大阪

2021.12.17

「東海道新幹線 のぞみ が誕生して30年」という、JR東海公式アナウンスの翌日、きょう12月17日 金曜日 7時台は冷たい雨。

急に出張が入り、急遽 金券ショップで新幹線 指定席 回数券を手に入れて、東京駅 自動券売機で、新幹線 のぞみ 211号の座席指定をパネル操作してみると……。

のぞみ 211号 東京 08:39 発の7分前で、指定席は満席の車両が1両。そのほかの空席も3列席の中央 B席がわずかに空いてるだけ。2列席 D・E席、3列窓側 A席と通路側 C席は、すべて埋まってた!

こんな混み具合は、コロナ禍で一般的な平日には、みたことがなかった。

こりゃだめだってことで、座席指定をとらずに自由席へ。出発4分前で のぞみ 211号 自由席1〜3号車は、窓側がすべて埋まってる。

3列席の通路側に座り、品川・新横浜と行くと、自由席は3列席 中央 B席をのぞき、ほぼ埋まった。新横浜駅では、新幹線通勤客が自由席から7人降りた。

客層は、出張・仕事系が6割、4割が旅行という感じ。とくに目立ったのは20代の男女カップル。2列席や3列席の通路よりに2人で並んで座って、駅弁を開けて、「おいしいね」「うまっ!」と小声で笑って、顔をむきあわせる。

京都や大阪の旅行ガイドブックを広げる20代グループも目立つ。いまの時期、金曜日から土曜日・日曜日にかけて旅行に行くのがトレンドか。

静岡を通過するあたりで、編成の後方(指定席側)から車内販売もやってきた。曇り空の間から、ちょっとだけ青空がみえてきた。


LINEで送る

オススメ記事