変わる新宿発の伝統特急、観光から日常使いへ舵を切る

2021.12.19

新宿から小田原・箱根へ、甲府・松本へ。伝統の私鉄特急、国鉄在来線特急が、観光から日常使いへ、大きく舵を切る。

新宿~小田原・箱根湯本を結ぶ小田急電鉄の伝統特急、ロマンスカー スーパーはこね・はこね は、2022年3月12日から、平日現行45本から30本へと3割以上も大幅に数を減らす。

いっぽうで、新宿~小田原を結ぶ特急さがみは、平日現行12本→15本へと増やす。さらに土休日は5本→12本へと大幅に増やす。新宿~片瀬江ノ島・藤沢の特急えのしまも、平日3本→4本、土休日11本→14本へと増やす。

国鉄時代から続く在来線伝統特急 あずさ も変わる

新宿~甲府・松本を結ぶ、国鉄時代から続く在来線伝統特急あずさ も、日常使いにウェイトをおいた更新が。

これまで松本を発着していた特急あずさ19・43号、6・10・14・58号が、甲府・竜王発着の特急かいじ に変更される。

また現行の特急あずさの甲府~松本の間、韮崎・小淵沢・富士見・上諏訪・下諏訪・岡谷・塩尻に停車する列車を増やす。

さらに特急かいじのなかには、大月・塩山・山梨市・石和温泉に停車する列車が増える。

こうした特急運行体系見直しをみると、11月・12月と松本方面へ出張で特急あずさに乗ったさいの、車内販売スタッフの言葉を思い出す。

「混んでるのは東京~甲府だけ。旅行客よりも出張利用や一般利用客が多い。経路検索などでは、東京から松本へは北陸新幹線 長野経由が表示されてしまうし」

◆小田急ロマンスカー「VSE」2022年春に定期運行終了
https://tetsudo-ch.com/12051355.html

◆特急あずさ3号 千葉→松本 E353系、10/16 土曜は満席! 伝統特急ににぎわいが戻ってきた
https://tetsudo-ch.com/11855781.html


LINEで送る

オススメ記事