新たな交通系IC「Suica Light」登場 JR東日本が法人客向けに販売

2022.01.12

「Suica Light」デザインイメージ(画像:JR東日本)

JR東日本は2022年1月12日、新たな交通系ICカード「Suica Light」の販売を開始すると発表した。

「短期間での利用に対し、多くのSuicaを配布したい」というニーズに応えたもので、預り金(デポジット)なしで最大6カ月間使用可能。全国相互利用対象エリアの鉄道・バスなどに利用できるほか、店舗やタクシー、観光施設等での支払いにも利用できる。

地方自治体における交通費補助事業、修学旅行等の短期の団体旅行での利用を想定しているため、販売は地方自治体や旅行代理店といった法人客に限る。

同社によれば、「Suica Light」はこのほど千葉県四街道市の「四街道ふるさとの味お届け便支援事業」に採用されたという。新型コロナウイルス感染症の影響で帰省が困難になっている同市出身・千葉圏外居住の18~25歳の学生を応援するため、「Suica Light」と市の特産品などを2022年1月下旬より配布する。


LINEで送る

オススメ記事