もう25本! 投入続く新幹線 新型車両 N700S 、それでもN700系に比べれば…

2022.03.10

東海道・山陽新幹線で13年ぶりのフルモデルチェンジモデルとして2020年7月から営業運転についているN700S。

高速鉄道で世界初となるバッテリ自走システムを搭載する N700S は、床下機器の小型・軽量化で編成両数をフレキシブルに変更・組成できる標準車両というポジショニングが新しい。

すでにJR九州には西九州新幹線 武雄温泉~長崎 むけN700Sベースの6両編成も登場。製造は現状、JR東海グループの日本車輌製造と、日立製作所が担っている。

このN700S、メイン舞台の東海道・山陽新幹線むけ16両編成は、JR東海保有車(0番台 J編成)はすでに25本が登場している。JR西日本保有車(3000番台 H編成)が2本いる。

JR東海J編成は、2021年度に13本投入、2020~2023年度であわせて40本を投入する計画。

それでも、JR東海保有 N700系(N700Aを含む)が100本ちかくいることから、N700Sのシェア拡大はまだまだ序の口か。今後、その勢力図がどう変わっていくか、気になる。

◆推し旅アップデート SUPER BEAVER「New Parade Presented by JR東海」の感動をもう一度!東京 下北沢の特設会場で3/5-21ライブ映像&写真公開
https://tetsudo-ch.com/12219451.html

◆酒匂川を渡れず衣笠城に戻った三浦軍、片道50km遠征はいま鉄路で1時間半「鎌倉殿の13人」電車巡礼
https://tetsudo-ch.com/12195287.html


LINEで送る

オススメ記事