東武牛田駅と京成関屋駅の西にあった東武の貨物駅、京成線の下をくぐる線路

2022.04.21

近いような遠いような、ふたつの駅が並んでいるのに、駅名も雰囲気も違う2駅―――東武伊勢崎線(スカイツリーライン)牛田駅と京成本線 京成関屋駅。

この2駅の南側をぐねぐねと流れる隅田川の左岸に、貨物駅があったの、知ってる?

その跡地は、東武牛田駅、京成の関屋駅から西に200メートルほど歩いた墨堤通り沿い。

画像は2016年のころ。この墨堤通りの歩道から、重機や廃棄物が置かれた私有地へと続くレールが見えていた。

この線路が、隅田川沿いに存在した東武鉄道 千住貨物駅に続く千住線。上を行くのは京成線。ちょうどスカイライナーが通ってるところ。

隅田川左岸にあった船着場と千住貨物駅

千住線の現役時代の線路は、現在の東武千住第二センターという建物の東側を回り込むようにカーブを描き、墨堤通りと平面交差。

都営千住関屋町アパート付近にかけて、貨物ヤードが広がっていた。上空写真画像は、千住貨物駅が存在したころのもの。

画像↑↑↑は国土地理院1936年の上空写真。左上には北千住駅。中央付近を東西に走る墨堤通りとその南側を蛇行する隅田川の間に、千住貨物駅がある。

伊勢崎線から分岐した千住線のレールは、隅田川左岸ぎりぎりまで敷かれていたことがわかる。さらに、ヤードの中に入り組むように船着場が見える。

当時は、この隅田川船着場と千住貨物駅を中継点として、隅田川を行く船運の荷物や、ワム・トムで運ばれた物資が行き来した。

また、この付近には転車台や給水施設などもあったというけど、その面影をいま探して歩いても、みつからない。

◆遠くて近い牛田駅と京成関屋、まっとうな東京下町の風景と千住貨物駅跡の間で灯る赤ちょうちん
https://tetsudo-ch.com/12343761.html


LINEで送る

オススメ記事