スナック引込線があったころを思い出しながら、陸上トラック状の線路や0系新幹線に似た試験車両に会いに

2022.05.15

日が暮れたころ、線路沿いの小さなカフェでビールをちょっとだけ「ぷしゅーっ」とやって、ふたたび線路沿いに歩いていく。

もう30年ほど前か。ここに本線と分岐する線路と、その本線と分岐路の間のV字路内に、「スナック引込線」という酒場があった。

その酒場の店名も強烈なオーラを放っていたけど、さらに妙なオーラがあったのは、この分岐路の先にある巨大鉄道空間。

それが、鉄道総合技術研究所

ここは東京都国立市。Googleマップで国立駅を地図検索して、航空写真ビューでみてみると、国立駅の北西(画面左上)に、陸上トラックを想わせる線路軌道がうっすらみえるはず。

ここが、鉄道総合技術研究所。略して鉄道総研。

かつては、陸上トラックのようにぐるっと一周ループできる試験線の線路が敷かれていたけど、いまは西半分(左半分)ほどしか線路は残っていない。

そしてこのトラック状の線路と中央線をつないでいた線路が、スナック引込線という名の由来の連絡線。

いまは連絡線も一部区間が消えたけど、その末端部には、住宅街のなかに電化線路がひっそりあるという感じで、初めてみる人は「これ何線?」とびっくりする。

総研のまわりを歩いてみると、リニアやモノレールらしき軌条もみえて、ぞくぞくずる。

夜の鉄道総研をぐるっと時計まわりに歩いた最後は、新幹線試験車両にあいさつ。その0系似の新幹線車両については、またこんど。

◆新幹線 鳥飼車両基地のまわりを鉄分濃いめの街歩き、鳥飼っていう地名はどこから?
https://tetsudo-ch.com/12379740.html

◆新幹線に乗る前に、至福の1時間半! 名古屋に行ったら立ち寄る店はいつも湯気と熱気と行列で
https://tetsudo-ch.com/12360771.html

◆あの自動車製造拠点への最寄り駅にある“鉄物件” 出張帰りに鉄道好きが立ち寄る道路橋
https://tetsudo-ch.com/12357983.html


LINEで送る

オススメ記事