あの自動車製造拠点への最寄り駅にある“鉄物件” 出張帰りに鉄道好きが立ち寄る道路橋

2022.04.25

レクサス LS・IS・GX・RC・NX、ランドクルーザーなどを製造するトヨタ自動車 田原工場をはじめ、フォルクスワーゲン グループ ジャパン本社、ボルボ・カー・ジャパンVDC、メルセデス・ベンツ新車整備センターなど、国内外の自動車メーカー拠点をはじめ、トヨタ車体、トピー工業、ジェイテクト、デンソーといった自動車関連メーカーの拠点もひしめく、自動車港湾―――三河港。

この三河港エリアの各拠点への最寄り駅が、東海道新幹線 東海道線 名鉄線 豊橋駅。

こうした数多くの自動車関連拠点へとむかう出張組を相手にした旨い店や宿が、豊橋駅のまわりにはいろいろある。

自動車関連の仕事で豊橋によく行く人のなかでも、「鉄道も好き」という人は、仕事帰りにここへも立ち寄る↓↓↓

城海津跨線橋

豊橋駅の北側に、出張帰りに鉄道好きが立ち寄る道路橋―――城海津跨線橋がある。

この城海津跨線橋に架かるトラス構造、実は当時の伊勢電気鉄道 宮川橋梁をこの道路に移設・転用したという、大正・昭和の鉄道物件。

伊勢電気鉄道は、明治・大正・昭和初期に存在した鉄道会社。当時の鉄道物件が、JR線と名鉄線の上を越える道路橋を支えているというのも、おもしろい。

そんな城海津跨線橋トラス構造の間から、飯田線や名鉄線の電車が行き交うのをちょっとみて、こんどは旨い店を探す↓↓↓

あ、ここも行ってみたい、この路地も渋い! なんて独り言をいいながら、歩いていって、結局またいつもの店に入って「うんまっ」となってしまう流れは、またこんど。


LINEで送る

オススメ記事