近鉄結崎駅、6/5から新駅舎に 現地で近鉄新型一般車両の説明も

2022.06.04

近鉄と川西町(奈良県)が進めてきた結崎駅のリニューアル工事が完了し、2022年6月5日(日)から新駅舎に切り替わる。

駅前広場も佐々木塚古墳を保存活用し、能舞台を模したウッドデッキを整備するなど、川西町らしい駅・まちとして生まれ変わる。

6月5日(日)には駅前広場でオープニングイベントが開催される。沿線住民や川西町若手課「~結(むすび)~」のメンバーを中心に、学生によるバンド演奏やビニール傘アートのワークショップ、近鉄の制服を着用したお子様向けの撮影会などが予定されている。

駅舎や駅前広場のリニューアルには、「イチバンセン」が基本設計から協力した。

デザインの監修だけでなく、住民巻き込み型ワークショップ「結崎駅フューチャーセッション」の企画・司会・運営・情報共有など、駅舎リニューアルにトータルに関わり、町民のニーズを反映させたという。

当日はイチバンセン代表 川西康之さんも現地の案内を行うほか、デザインなどに関わった近鉄新型一般車両についてもパネル・模型を使って説明する。

<鉄道チャンネル 関連記事>
近鉄、2024年秋に新型一般車両導入
https://tetsudo-ch.com/12420517.html
近鉄新型一般車両、内装インテリアは「イチバンセン」が担当
https://tetsudo-ch.com/12420773.html

(結崎駅・駅前広場イメージ 画像:近鉄)


LINEで送る

オススメ記事